最新ニュースタイトル

1面1 認知症カフェ1(店内) 1面1 認知症カフェ2(外観)

認知症の人や家族、認知症に関心のある人など誰でも気軽に利用できる「まちかどカフェ~認知症カフェ」が6月1日、姫池通3の「まちかど保健室」内に開設された。

開設したのは在宅療養生活を支援する名古屋市療養サービス事業団。1人暮らしの高齢者や認知症の人を引きこもらせず、人と交流することで認知症の予防・早期発見・改善に役立て、家族が介護の悩みを話し合う場、地域の人に認知症への理解を深めてもらう場として開いた。

営業時間は毎週月・水・金曜の9時半~12時(祝日・年末年始は休)。100円でコーヒー・パン・お菓子を楽しめ、喫茶店のようにくつろげる。

同世代同士が触れ合うことも大切と考え、60~70代の男女14人のボランティアが運営。専門的な支援や相談が必要な時は、同保健室に常駐するケアマネージャーの資格を持つ看護師や保健師が応じる。

カフェの常連となった人が希望すれば、一定期間中カフェに来なかった場合に安否確認を行う。

宮尾多美子同保健室室長は「認知症という言葉に抵抗のある人もいるがあえて名称に入れた。認知症のあるなしに関係なくゆったり過ごしてもらい、認知症について理解してもらう場、情報交換できる場にしていきたい」と話す。ボラの田則雄さん(74)は「認知症の症状がある母も会話を続けると笑顔になる。会話できる場は大事。男性も心置きなく来て下さい」と語る。

同保健室は、同事業団が保健・医療・福祉の相談窓口として平成23年に内山3に開設し今年4月、現在地に移転。健康講座なども開く。

問 まちかど保健室℡734・8341

 

投稿日:2015年06月18日
投稿日:2015年06月17日
投稿日:2015年06月17日
書籍のご案内

東海通信社 発行

定価 920円+税

A4判(変型) 140ページ オールカラー

7月24日発売

知って安心!東海の介護&ホーム最新ガイド

介護や老人ホームの最新情報が良く分かると大好評の「在宅介護&高齢者ホームのすべて」。今年度号では、誰もが気になる認知症のことを専門家に詳

表紙_dic126_0528

表紙_dic126_0528

しく聞き、正しく理解できる特集をつくりました。

「認知症にならないか不安だ」「そろそろ親の介護をすることになりそうだ」「介護保険のことがよくわからない」「老人ホームの費用やサービスを詳しく知りたい」、さまざまな疑問を解決するオススメの一冊です。

投稿日:2015年06月23日
投稿日:2015年06月23日
投稿日:2015年06月11日
投稿日:2015年05月20日
定期購読のメリットキャンペーン情報地域情報紙書籍のご案内チケットのご案内ニュース一覧中日新聞トリビアお引っ越しキャンペーン
購読のお申込みためしよみみまもーるサイトマップ個人情報について名古屋中日会とは